格安SIMに変えるとどんなメリットがある?

格安SIMに変えるとどんなメリットがある?

格安SIMに変えるとどんなメリットがある?

 

どんなものにもメリットデメリットはあるものです。格安SIMに変える最大のメリットについては言うまでもないでしょう。文字通り「格安」で使う事が出来ます。

 

このメリットの大きさと比較すればデメリットなど小さな事、と言ってしまえるほど安いです。しかし大手携帯電話会社と格安SIMを同列に比較する事は出来ません。

 

大手携帯電話会社は通信速度が当然のように早いですし、データ容量も様々で、通話定額制ですからいくら通話しても料金が上がることもありません。

 

もしお金をいくら払ってでも品質のよい通信を行いたい、と言うのであれば大手と契約したほうが幸せになれるでしょう。しかしこうした考えの方ばかりではありません。

 

少しでも月額料金を抑えたいといった場合、大手の最大の問題点は低容量で低価格なプランが選べないことにあります。通話は無料通話アプリがほとんどで電話はたまにしかかけない人にとって、定額制はマイナスにしかなりません。

 

データ通信を1G程度しか使わない人にとって、5Gあっても無駄以外の何物でもありません。使わないものにお金をかけるほどつまらない事はないでしょう。

 

つまり格安SIM最大のメリットは、使い切れない大手のプランから、必要な分だけお金を払って使えることにあると言えるでしょう。通信費が下がるので、その分で高性能なスマホを購入できる事もメリットですね。

 

料金プランについては、イオンスマホの料金プランも参考にする必要があります。

 

これは直接関係ないのですが、格安SIMにするとキャリアメールが使えなくなります。これは通常デメリットと言えるのでしょうが、私の場合には違いました。結果的にメリットを享受できたのです。

 

これがどういう事か説明します。まず、キャリアメールが使えないので仕方なくGoogleのGmailを使う事にしました。もちろん自動的に通知が来ますし、使い勝手で劣るところはありません。

 

キャリアメールでは通常その端末でしか使う事が出来ませんが、Gmailはアカウントさえ作ればPCやタブレット、スマホでも自分のメールにアクセスする事が出来ます。

 

夜PCで作成したメールを、外出先で昼間に送信するといった事も可能です。私はフリック入力が苦手なのでこれは非常に助かりました。それ以降、キャリアメールにデメリットしか感じない自分がいました。

 

数年前と違い、ライトユーザーの選択肢として格安SIMは大いに検討する価値があります。なんとなく大手を使っている方、ちょっと考えてみませんか?